悪ふざけ写真「バカッター」の恐怖

「不適切投稿」続出に、店員のスマホ持ち込み禁止。手の打ちようがないのは客の「犯行」。

2013年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「不適切投稿」という呼び名すら立派すぎる。ネット上の通称「バカッター」で十分だ。飲食店やコンビニエンスストアなどで、店員たちが食材や厨房などで悪ふざけしている写真をツイッターなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿する騒ぎが多発している。騒ぎに火をつけたのは、6月中旬に「ローソン」高知鴨部店で撮影された、フェイスブックへの投稿。アルバイト従業員が冷凍ケースの中に入り、アイスクリームを下敷きにして寝そべる写真は、ツイッターなどを介して徐々に拡散し、7月にはローソン本部に苦情が届いた。同社は「食品を取り扱うものとしてあってはならない行為」と、アルバイト従業員を解雇。店とのフランチャイズ(FC)契約を解除し、店は休業に追い込まれた。バカな悪ふざけが大きな代償につながることは、新聞やテレビで大きく報道された。

1千万円超える賠償請求も

ところが、それが騒ぎ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。