学士会館「再建人」を追い出した80代コンビ

2013年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

学士会をご存じだろうか。そんじょそこらの大学を卒業した「学士」には関係ない。旧帝国大学の流れをくむ七つの国立大卒業生だけが会員になれる、古き良き時代の権威の象徴が、今は一般社団法人になり、学者の大家や官僚OBが理事に名を連ねる。会員の高齢化が著しいが、80歳を超える常務理事が経営を壟断、聞くも恥ずかしい内紛が起きているという。学士会は東京・竹橋に学士会館を持つ。レンガ張りのレトロな建物の中に、和洋中のレストランのほか、宿泊施設や会議室などがあり、会員だけでなく一般にも開放。レストランやホテル部門の運営は株式会社学士会館精養軒(以下精養軒)が、学士会と施設利用契約を結んで運営してきた。内紛はこの精養軒と学士会の関係を巡って起きた。実は精養軒は2004年に経営危機に陥った。その際、学士会が100%の株式を取得。08年秋に明治記念館で子会社社長などを務め ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。