実録・ソニー「追い出し部屋」①「流木」エンジニアの逆襲

退職勧奨を受けた中高年社員が打ちひしがれる「追い出し部屋」へ、みずから志願してやって来た長島紳一(54)。彼には「大好きなソニー」から飛び立つ勇気と目論見があった。

2013年10月号 BUSINESS [短期連載①]

  • はてなブックマークに追加

ソニーの名誉会長だった大賀典雄は、口の悪い社員に「我王」と呼ばれていた。大賀の名前をもじったのだが、実際に、王様のような絶対的存在だったのである。彼に「ダメ」と言われたプロジェクトは、エンジニアが泣こうがわめこうがダメになり、逆に彼に認めさせれば、どんな企画も生き返った。怒らせると大賀は、相手が本部長クラスであってもその辺りにあるものを投げつけた。やっと開発したCDチェンジャーマガジンを投げられた幹部もいる。顔は大きく、東京藝術大学声楽科出身の声楽家でもあったから、ライオンのように声が響く。「『ガオー』と吠えるから、我王なのさ」と社員たちは笑いあった。***我王が君臨したのは、東京・品川の御殿山にあった旧本社ビルの最上階である。8階のそこは、急成長するかつてのソニーのシンボルだった。三角の形をしたこのフロアに、長島紳一が足を踏み入れたのは ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。