「朝日デジタル」半額値引き「+500円販売」が固定化へ

2013年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞は9月1日から、朝日新聞デジタルの半額キャンペーン第2弾を開始したが、期間中に申し込めばキャンペーン終了後も半額が継続することを明確に打ち出して、波紋を呼んでいる。キャンペーン期間は12月10日までだが、9月3日付朝日新聞朝刊33面には「いったん、お申し込みいただけば、半年ごとに自動更新され、月
々『+500円』でデジタル版が利用できます」と明記されている。念のため同面に記載された「お問い合わせ」先に電話で確認してみると、「期間内に申し込めば、終了後も解約しない限りずっと+500円という意味です」との回答があった。朝日新聞デジタルには、デジタル版単独のコース(月額3800円)と新聞とデジタル版がセットになった「ダブルコース」(新聞料金+1千円)の2種類があるが、半額キャンペーンは後者のデジタル版の部分が対象。朝日新聞は今後も半額キャンペーンを波状的に実 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。