ドコモ「iPhone」右往左往の裏

「出す出す」騒動に振り回された日経。推進派・懐疑派の対立の果てに全方位へ復帰。

2013年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ソフトバンクから遅れること5年、ついにNTTドコモが米アップルの「iPhone」を発売した。日本時間の9月11日未明、アップルは新型iPhoneの発表会を開催。性能を大幅に向上させたフラッグシップモデル「iPhone5s」に加え、筐体をプラスチックに替えて低価格に抑えた5色バリエーションの「iPhone5c」を新ラインアップとして披露した。だが、発表会前からネットで流れていたリーク情報と変わらぬ内容で、サプライズには欠けるものだった。だが、日本にとってはこの日、アップルが打ち出したメッセージは別の意味で大きかった。アップルのフィリップ・シラー上級副社長は、一通り新製品の自画自賛を終えた後、発売される国と時期について説明したが、日本については取り扱いキャリア3社について言及し、新たに加わることになったドコモの名まで読み上げる特別扱いだった。今回の発表会の目玉は新製品のスペッ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。