「薄熙来裁判」茶番劇の裏の地鳴り

失脚した太子党の大物は、被告席で政権を「口撃」。後ろ盾、周永康にも火の手が。

2013年10月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

中国共産党指導部のスキャンダルでは過去30年で最大級と言われる「薄熙来(ボーシーライ)事件」。その“主犯”である薄の裁判が8月22日から5日間、山東省済南市の中級人民法院(地裁に相当)で開かれた。太子党の大物政治家だった薄は、遼寧省大連市長、遼寧省党委員会書記、商務相、重慶市(直轄市)党委書記などの要職を歴任。重慶時代にマフィア撲滅キャンペーンや「革命歌愛唱運動」など左派的な政治パフォーマンスを繰り広げ、党最高指導部入りへの野心を隠さなかった。だが2012年2月、腹心の王立軍(ワンリージユン)(元重慶市副市長兼公安局長)が四川省成都市の米国総領事館に駆け込む事件が起き、続いて妻の谷開来(グーカイライ)による英国人ビジネスマン毒殺事件が発覚した。同年3月、党中央紀律検査委員会(中紀委)は「重大な紀律違反」の嫌疑で薄の身柄を拘束。テレビドラマを地でいくよ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。