小三治が本気「落語界も実力主義」

前座が二つ目へ「自動昇進」は止める。年功序列を廃し、本当の実力のある者だけを真打に!

2013年10月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

この9月、落語協会(柳家小三治会長)に、5人の新真打が誕生し、10月にかけ、東京都内の寄席で披露興行が行われている。ご祝儀ムードいっぱいだが、これに先立った4日、浅草のホテルで開かれた「新真打披露パーティー」での小三治会長の祝辞は少々辛口だった。「記者会見で、将来の希望や抱負を聞かれていたが、きちんと答えている者がいなかった。若いんだから何をしてもいいのです。もっと、やりたいようにやりましょうよ」会長の若手に対する厚い期待と厳しい注文は、就任早々から始まっていた。2010年の就任時、年配噺家で占められていた常任理事に、林家正蔵、三遊亭吉窓ら、理事に古今亭志ん輔、入船亭扇遊、五明樓玉の輔、女流の三遊亭歌る多ら、一世代飛び越した若手を抜擢、翌11年には副会長に理事連中よりもさらに若い柳亭市馬を起用して、世間をあっと言わせた。

力のある若手を真打に抜擢

が、この夏、さらにきつい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。