アコーディア「S‒REIT」浮上

PGMに「村上ファンド別働隊」も絡んだ三すくみ打開へ、シンガポールで2千億円調達の危ない橋を渡る。

2013年10月号 COVER STORY [ゴルフ場戦争第3幕]

  • はてなブックマークに追加

三すくみの「奇妙な沈黙」の裏で、日本最大のゴルフ場運営会社、アコーディア・ゴルフ(134コース保有、東証1部)が密かに動いた。保有ゴルフ場を運用資産として不動産投資信託(REIT)を組成、シンガポールに上場して最大2千億円を調達するという“仰天”計画を進めている。アコーディアに対し業界2位のPGMホールディングス(126コース保有、東証1部)が仕掛けた敵対的TOB(株式公開買い付け)が、不成立に終わったのは今年1月。まれに見る泥仕合は、PGMの神田有宏社長が強引過ぎたからだった。PGMの親会社はパチンコ大手の平和。事実上のオーナー石原昌幸がアコーディア取締役の神田を引き抜き、2年がかりで古巣の乗っ取りを画策させた。当時の社長、竹生道巨のスキャンダルを暴いて内紛を煽るなど、神田がゴールドマン・サックス(GS)仕込みのあの手この手で揺さぶりをかけたあげく、敵対的TOBである ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。