東燃ゼネラル、エクソンの「最後っ屁」に怒る

大株主の「日本撤退」戦略に振り回される経営陣。厄介者の三井石油を押し付けられたらたまらない。

2013年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「冗談じゃない。こんな馬鹿な話があると思いますか!」石油精製大手、東燃ゼネラル石油の関係者と思しき人物が、経済産業省や銀行、証券会社などに、怒りを込めたタレこみ電話をかけているという。東燃ゼネラルの筆頭株主は石油メジャーのエクソンモービル。そのエクソンが中堅の石油元売りで、全国に約270カ所の販売店を持つ三井石油を買収し、東燃ゼネラルと合併させる――。件(くだん)の人物は、水面下で進む計画を暴露し、あわよくば破談に持ち込もうとしているようだ。実は、ここ数年、このスキームは浮かんでは消え、消えては浮かんできたシロモノである。エクソンは2012年1月、日本での石油精製・販売事業を子会社の東燃ゼネラルに売却すると発表した。当時、エクソン日本法人が保有していた東燃ゼネラル株2億8千万株のうち8千万株を別会社に移し、日本法人株のほとんどを東燃ゼネラルに買い取 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。