「五輪の手柄」独り占め猪瀬の鼻息

慎太郎も竹田理事長も「油揚げ」をさらわれた。利権争いで都議会のドンは潜伏行動。

2013年10月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「トーキョー!」IOC(国際オリンピック委員会)のジャック・ロゲ会長が「TOKYO 2020」と書かれたカードを示しながら全世界に告げるや、日本中が歓喜に湧いた。9月7日、ブエノスアイレスで開かれたIOC総会。終盤優位とされたスペインのマドリード、イスラム圏で初の開催地となるはずだったトルコのイスタンブール――この2都市を破り、東京が2020年夏のオリンピック開催地に決まった。「投票するIOC委員の97票をめぐって、3都市が激しく奪い合う構図だった。1回目の投票でマドリードとイスタンブールが同数の票で引き分けたが、東京はすでに42票を獲得していました」(東京招致関係者)東京はいち早く首位に立っていたのだ。決選投票でも結果は東京が60票を獲得、圧勝した。1964年以来56年ぶりとなる東京五輪だけに、あの男の鼻息も荒い。猪瀬直樹都知事である。

勝因は「敵失のおかげ」

9月10日。成田空港の到着ロビーに現れた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。