社員が逃げ出すブラック「戸田建設」

建築外勤者の休日は、週1回以下が全体の49%。サービス残業が月65時間を超えている。

2013年9月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

6月12日に亡くなった戸田守二・戸田建設元社長(享年90)を偲ぶ会が7月31日、東京のホテルオークラで行われた。ゼネコン第6位の創業家の元社長とあって、偲ぶ会には約1400人が出席。小泉純一郎元首相や塩川正十郎元文相の姿もあった。だが守二の兄、戸田順之助(96)の姿はどこにもなかった。順之助は戸田建設のドンと呼ばれるカリスマ経営者。創業家の総領として生まれた順之助は社長、会長を半世紀も務め、今も名誉会長として社内に君臨、「オーナー」「トップ」と呼ばれ畏怖されている。前社長の井上舜三(71)は順之助の子飼い。今年6月に社長になった今井雅則(61)も、順之助のお墨付きがなければ社長になれなかった。

奇行が目立つ「ドンの長男」

医療関係者によると、順之助は昨年暮れ、「老衰のために」都内の病院に入院。「認知症も出ており、退院のめどは立たない」という。順之助が公の場に出て来ない理由を関係者は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。