「細胞・再生医療」に挑む富士フイルム、テルモ

人工皮膚・軟骨、癌の免疫治療、心筋再生…。国内製薬企業は出遅れ。異業種参入組が突っ走る。

2013年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

昨秋、京都大学の山中伸弥教授がiPS創製でノーベル生理学・医学賞を受賞して以来、脚光を浴び続ける細胞・再生医療――。経済産業省の再生医療の実用化・産業化に関する研究会によると、2050年の再生医療市場は関連分野を含め38兆円の超巨大産業になると予想される。政府は新成長戦略の一環として日本発の技術であるiPS細胞を核とする再生医療で世界をリードする戦略を打ち出した。さらに世界に先駆け細胞・再生医療関連の法規制に乗り出している。政府の方針に引っ張られるように産業界の動きも活発だ。医療系ベンチャーのみならず製薬、化学、医療機器、電子など数多くの企業が参入したが、細胞関連で実績のある富士フイルムやテルモが先頭を走っている。

写真技術を使った突破力

政府が細胞・再生医療の体制整備に乗り出す前に、自民、民主など超党派の議員が再生医療推進法を議員立法として提出し、4月に成立した。同法の目 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。