中国核燃料工場を頓挫させたデモ

怒れる民衆の反乱が「異次元」化してきた。国家プロジェクトにも抵抗、自爆テロまで起きた。

2013年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

習近平(シージンピン)政権が発足した昨秋以来、我々香港の中国人権民主化運動情報センターは独自調査の重点を変えた。共産党最高指導部の権力闘争より、中国各地で頻発する騒乱事件のスクープと背景分析に多くの精力を注いでいる。インターネット時代には、中国の片隅で起きた小さな事件の情報も瞬時に世界に拡散する。その積み重ねが、今後の中国を大きく揺さぶると感じるからだ。果たして7月12日、筆者の正しさを予感させる事件が起きた。広東省江門市で、核燃料工場の建設に反対する市民約千人がデモ行進。翌13日、同市党委員会が計画中止を発表したのだ。中国は国家プロジェクトとして原子力発電を推進しており、現在建設中の原発は29基に上る。江門の核燃料工場は、国策企業の中国核工業集団と中国広核集団が共同で370億元(約5920億円)を投じてウランの精製・濃縮プラントを建設し、中国南部の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。