明日は我が身「スマホ敗者」ブラックベリー

過去の成功体験に酔って独自路線に固執し、iPhoneとサムスンに惨敗。日本勢にも他山の石だ。

2013年9月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

このところのニューヨークでは、スマートフォン(スマホ)のイメージを外装にしたミニバンが市内を走り回っている。食品や衣料ならともかく、車体広告を利用したデジタル商品の街頭宣伝は珍しい。衣料品などと異なり、デジタル商品はイメージではなく、スペック(仕様)が肝心だからだ。広告主はカナダの大手通信機器企業ブラックベリー。小さなキーボードを搭載した携帯端末や機密性の高いネットワーク・サービスは、スマホの先駆けとして欧米の官庁やビジネス界ではお馴染み。バラク・オバマ米大統領もかつてファンだった。知名度は抜群なのに、世界最大のスマホ市場の米国で“ドブ板営業”にいそしむのはなぜか。答えは販売代理店にソッポを向かれたから。AT&Tやベライゾンをはじめとする米通信大手は、ブラックベリーのライバルであるアップルのiPhoneや、グーグルの基本ソフト(OS)アンドロイドを ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。