「F1の帝王」が贈賄起訴で窮地

興行と利益分配を一手に握るエクレストンは年貢の納め時。巨大ビジネスも曲がり角。

2013年9月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

自動車レースの最高峰F1(フォーミュラ・ワン)は、大音響を発する世界で最もやかましいスポーツである。だが、最近は最高時速350キロで疾走するマシンの発する金属音さえ、場外騒音にかき消されつつある。2013年の後半戦は8月末にベルギーのスパで開かれる第11戦グランプリで火ぶたを切るが、最近話題を独占するのは、TV放映などF1関連の興行と利益分配を一手に仕切っている「F1の帝王」バーニー・エクレストンの行方。前半戦をトップで折り返した「レッドブル・レーシング」のセバスチャン・ベッテルの戦況ではない。エクレストンは10月に83歳になる。高齢に加えて、ドイツの法廷が大きな脅威として彼の前に立ちはだかった。中古車販売業からのしあがり、控えめに見積もっても50億ドル(約5千億円)の資産を形成したが、7月に贈賄容疑で起訴されたのだ。

有罪なら禁錮10年

2005年、ドイツの銀行が英国有数のファンド ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。