組合員不在のJA共済・東京海上の提携交渉

2013年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

農協の保険事業を独占的に担う全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)の総資産は、2013年3月末に50兆円を突破した。日本郵政グループのかんぽ生命保険(90.5兆円)は別格としても、日本生命保険(54.9兆円)に匹敵する世界有数の巨大保険機構である。JA共済連は農家の相互扶助制度の一環であり、営利目的の事業ではない。だから、生損保兼営や低い法人税率など、民間保険会社が羨む数々の特例が認められている。また、全国の農協が販売窓口を務めるため、JA共済連の経営は超効率的である。総資産は日生に迫るのに、職員はわずか6246人(12年3月末)。7万人を超える日生の1割にも満たない。安価な保険商品を提供する非営利組織のはずだが、年間2千億円以上の経常利益を稼ぎ出す。取扱商品にも、民間保険会社の真似できないユニークなものが多い。例えば、民間損保の火災保険に相当するのが、「建更」( ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。