消費税増税「4月尚早」の論拠

設備投資がイマイチでは、アベノミクスの効果を相殺する、と高橋教授は族議員や官僚ら増税派を批判する。

2013年9月号 BUSINESS [年2.6%成長の診断]

  • はてなブックマークに追加

安倍首相が来年4月の消費税増税に踏み切るかどうかを判断するにあたり、参考にするとしていた2013年4~6月期GDP(国内総生産)速報が、8月12日に公表された。事前のエコノミスト予想では、4~6月期実質成長率(GDP伸び率、年率換算)が3.6%となっていたが、予想に反して2.6%だった(グラフⅠ)。事前予想より低めだが、実質2%を超えているのでまずまずの高い伸びだ。ただ1次速報であり、9月9日に発表される2次速報までは予断を許さない。また、4~6月の名目成長率(同)は2.9%。四半期デフレーターの対前期比変化率は0.1%とようやくプラスに顔を出した。まず足下の実質成長率2.6%をどうみればいいのか。駆け込み需要が0.7%程度あるので、それを差し引けば1.9%となる。エコノミストによる事前見通しに及ばないものの、そこそこの数字と言えよう。ただ、前期比でみると実質成長率は0.6%である。そ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。