北尾が落ちた韓国「アリ地獄」

不良債権の山と知りながら、金融監督院が仕組んだ「ババ」。血税節約の財布代わりに、SBIが使われる。

2013年8月号 BUSINESS [SBI「貯蓄銀行」で悲鳴]

  • はてなブックマークに追加

SBIホールディングス(以下、SBI)内部で重大な異変が起きているようだ。総帥として君臨する北尾吉孝の顔色が冴えない。その言動は明らかにおかしい。例えば、6月27日の株主総会を3日後に控えた24日、SBIのホームページに突然、北尾が登場して、投資家たちからの質問に答えるためだとして動画配信を行っている。株主総会で報告すればいい話を、わざわざこのタイミングで公にしなければならない理由は何だったのだろうか。そして、ダメ押しは株主総会直後の「経営近況報告会」とされる動画だ。この中で北尾が説明している内容は、明らかにSBIがホームページなどでリリースとして出してきた内容を真っ向から否定しているのだから驚く。この「経営近況報告会」での発言が事実とするならば、SBIは明らかに虚偽情報を株式市場に流したことになる。「今までに経験したことがない危機に陥っている。すべては、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。