企業が丸儲けの「職務発明見直し」

山本大臣の「軽いノリ」に知財関係者は愕然。経団連の言いなりでは優秀な頭脳が流出する。

2013年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「技術で勝って、ビジネスで負ける」と揶揄されてきた日本の産業界は、特許など知的財産権を有効に活用することが求められている。韓国メーカーなどに収益力で抜かれ、欧米や中国企業を含めたグローバル競争が過熱する中ではなおさらだ。その重要な知財政策を担当するのが、山本一太内閣府特命担当相である。だが、山本氏が6月24日、自身のブログ「気分はいつも直滑降」に書き込んだ内容に、多くの知財関係者は驚いたに違いない。2013年度の施策を盛り込んだ「知的財産推進計画2013」の決定を翌日に控え、山本氏は次のように書いたからだ。「午後、特許庁長官が大臣室にやって来た。職務発明制度の見直しについて、2度目の説明を受けた。優秀で真面目な人であることは間違いない。でも、説明はあんまり上手じゃない気がする。いや、こちらの頭脳に問題があるのかも。長官、ごめんなさい!(笑)」特許庁 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。