農水省が「石破シフト」 針原氏を農水審議官に抜擢!

2013年8月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

農水省の国際交渉を統括する農林水産審議官(次官級)に針原寿朗氏(東大法、昭和55年入省)が就いた。同氏は早くから改革派のエースと目され、最近は食料産業局長として農林水産業と食品・流通産業を融合させる「6次産業化ファンド」の立ち上げに奔走していた。とはいえ、省内には「英語が堪能とは言えない針原君」(農水省OB)の農水審議官への抜擢を訝(いぶか)る向きもある。同氏の1年先輩である54年組の奥原正明経営局長、実重重実農村振興局長を飛び越す人事だからなおさらだ。農水省では皆川芳嗣事務次官(53年)が来夏、本川一善水産庁長官(54年)にバトンタッチし、その2年後に今井敏官房長(針原氏と同期)が次官に昇格するのが既定路線とされる。そうなると針原氏は、同期の今井氏が次官になるまで3年間も農水審を続ける可能性が高まる。ある農水省幹部は「針原さんの抜擢は石破茂幹事長対 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。