加賀電子が減損回避に「無理算段」

最高裁で敗訴しても「蒸し返し訴訟」を検討。売れ残り在庫の横流しにも失敗した。

2013年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

電子機器や部品の総合商社、加賀電子(東証1部上場)が、価値のなくなった1万5500個のUSB型通信モジュールの在庫について評価損の計上を先送りしている事実が判明した。発端は、加賀電子の100%子会社である加賀ハイテックと日本通信(ジャスダック上場)の間で争われていた裁判。2008年7月、加賀ハイテックは日本通信と代理店契約を結び、USB型通信モジュール2万個を仕入れて販売を開始した。しかし加賀ハイテックは、売れ残って在庫となった通信モジュール1万5500台の返品を日本通信に要求。日本通信は「締結した商品売買基本契約(代理店契約)には返品を可能とする特約条項はない」として拒否した。加賀ハイテック側は09年6月に東京地裁に対し、製品代金3億6319万3740円の返還を求めて訴訟を起こした。11年10月に敗訴。高裁の控訴審も昨年2月に敗れ、最高裁への上告も8月に棄却され、日本通信の全面 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。