中国マネー乱流世界連鎖の戦慄

腐敗横行の格差社会に、マクロの「宝刀」を抜きかけたが激震。QEの出口探る米国への資金還流で再び動乱期か。

2013年8月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「鄧小平の息子逃亡」幻の速報

さすが、白髪三千丈の国である。スケールが違う。6月25日に中国のネットニュース「ボシユン」が流した速報には誰もが唖然とした。「中国政府高官によると、鄧小平の息子、鄧樸方は1千億ドルを持って、中国を逃亡した。同時に鄧小平の娘と孫も失踪した。当局が行方を追っている」1千億ドルといえば、円換算で約10兆円。そんなカネをどうやってこしらえたか。そんな疑問も湧くが、昨年失脚した重慶市トップの薄熙来の不正蓄財を想起すれば、さもありなんという気もしてくる。こののけぞるようなニュース、6月25日の午前9時に流れ、4時間後にはネット上から消えた。検閲で削除されたのだろうが、人の口に戸は立てられない。中国のネットユーザーたちはニュースを「魚拓」にとって、瞬く間に回覧しているだろうが、誰がニュースを流し、すぐ引っ込めたのか。「政府高官」「当局」などという表現からみて ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。