赤字垂れ流し関西老舗ゼネコンが危ない!

2013年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

関西の老舗ゼネコンの中で「明日をも知れぬ……」と囁かれた鴻池組(非上場)は、2008年に14人抜きで蔦田守弘社長が就いて以降、創業家の影響力を排除し、メーンバンクである三井住友銀行(SMBC)との関係改善を図ったため、ひとまず危機を脱したとみられる。むしろ、最近、取引先が不安がるのは淺沼組と錢高組の前途だ。淺沼組は明治25年に奈良県大和郡山市で産声を上げた老舗ゼネコン。淺沼健一社長(62)は08年から全国建設業協会の会長職を務め、「本業そっちのけで業界活動にのめり込み、勲章欲しさに会社経営を傾かせる、気位の高いオーナーにありがちなパターンに嵌(はま)っている」(地元の金融機関)と揶揄される。東日本大震災後の資材調達難と労務費高騰により12年3月期は2度にわたる業績予想の下方修正を行い、85億円の赤字決算に陥った。12年9月に赤字工事のウミ出しは終わったとして、主 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。