仏アクサと商工会議所はタダならぬ仲

2013年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

商工会議所は津々浦々にあり、その数は514、会員事業所は127万に達する。少子高齢化と経済のグローバル化で地域経済は疲弊しているが、なぜか地方の商議所は外資生保から巨額の手数料を受け取り、ホクホク顔である。本業そっちのけで保険営業を強力に支援する商議所は、「もはや手数料収入なくしては存続できない」(保険業界関係者)。この生保こそ、本誌が7月号で警察組織との癒着を暴いた仏アクサの日本法人アクサ生命保険であり、多額の保険料を支払う商議所の会員事業所を上得意にしていると囁かれる。商議所は基本的に市単位で組織され、商工会議所法に基づいて経済産業省が所管する特別認可法人である。全国の商議所を束ねているのが、日本商工会議所(会頭・岡村正東芝相談役)。国は補助金支給などで商議所を支える半面、強力な公共性を求めている。だから、同法は「商工会議所等は、営利を目 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。