選挙後の踏み絵「株式持ち合い禁止」

2013年8月号 連載 [監査役 最後の一線 第28回]

  • はてなブックマークに追加

参議院議員選挙が終わって安倍晋三首相がどこに「やる気」を見せるのか。引き続き「経済」に軸足を置くとの見方が強まっている。安倍氏は元から経済に関心があったわけではない。だが、選挙戦でも示された通り、経済再生に対する国民の期待は強く、経済を政策の軸に据えれば高い支持率が得られる。狙いは長期安定政権。祖父の岸信介首相の在任3年半を抜くには、高い支持率が不可欠だ。そんな安倍首相は9月にも召集される秋の臨時国会を「成長戦略実行国会」と名付けた。6月14日に閣議決定した「成長戦略」がマーケットの失望を買ったため、急遽、成長戦略を策定した「産業競争力会議」の存続を決定。秋までに成長戦略の追加策を打ち出すことにしたのだ。¥¥¥では、秋に向けて安倍首相は何を打ち出すのか。さらなる失望を生まないためのキーワードは「地方」と「外国人」だ。アベノミクスによる円安株 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。