「全特分裂」仁義なき政界工作

「反柘植」勢力が巻き返し、自民vs.反自民の分裂選挙寸前だった知られざる内幕。

2013年8月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

内に深刻な分裂を抱えたまま参院選に突入した全国郵便局長会(全特、黒田敏博会長)。自民党比例代表で組織候補のトップ争いに加わったが、それでも3年前、小政党の国民新党に「郵政民営化見直し」の怨念を総力傾注して叩き出した40万票の大台には遠く及ばない。前会長の柘植芳文候補は当選しても、少なくない「反柘植」勢力が棄権したり他へ流れ、本来の組織力は大きく削がれたからだ。それもそのはず、実は公示直前まで、自民党以外の政党から「もう一人の全特候補」を擁立する仁義なき政界工作が繰り広げられていた。自民vs反自民の分裂選挙寸前だった知られざる内幕を、全特報道で独走する本誌が明かそう。「全特は割れる。手を突っ込め」。いち早く動いたのは、選挙の嗅覚はいまだ鋭い生活の党・小沢一郎代表だった。本誌7月号で既報の通り、岩手、青森の両選挙区では5月下旬、全特の政治団体「郵 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。