朝日が大誤報「立岡次官」抜擢の裏側

局長経験のない立岡氏を指名したのは、茂木経産相ではなく、「官邸の主」菅官房長官だ。

2013年8月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「2日続きでデスクにどやされ、いい迷惑。新聞辞令の間違いはままあるが、二重の誤報は聞いたことがない」経済産業省に詰める報道各社の記者たちが怒っている。今年の経産省の幹部人事に関する朝日新聞の記事はあまりにひどかった。朝日は6月20日付朝刊で、「安倍政権が安達健祐事務次官の後任に高原一郎・資源エネルギー庁長官をあてる人事を固めた」と報じた。しかし、20日に次官に内定したのは立岡恒良官房長(1980年入省)。高原は安達ととともに、28日付で退任した。問題なのは翌日の記事だ。間違えた朝日は21日付朝刊で「当初は高原一郎長官を次官に起用する方向で調整していた。だが、事前に朝日新聞に報道されたことなどから、20日の政府の人事検討会議で高原氏より若い立岡氏を抜擢する人事を決めた」と報じた。「朝日の報道で次官人事が差し替えられたというのは真っ赤なウソ。間違いをウソで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。