鶴岡外務審議官の音頭で霞が関がTPP交渉「大合宿」

2013年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

TPP交渉に12番目のメンバーとして加わることになった日本は、7月下旬にマレーシアで開かれる第18回会議に途中から参加する予定だ。外務相筋は「9月の19回会議で、どこまで主張できるかが焦点となる」と語る。このため8月に、各省担当者が埼玉県入間市の公務員研修所に集結し、大合宿を開くことになった。TPP対策本部に加わる官僚ら約60人が参加の見込み。首席交渉官の鶴岡公二外務審議官を筆頭に内閣官房、外務省、経済産業省、農林水産省、財務省、金融庁、文部科学省の担当者が参加し、情報分析に当たる。TPP交渉は関税や検疫、金融サービスなど21分野で協議が行われ、一部の議論は相当に進んでいる。これまでの交渉議題などを記した「テキスト」は開示されず、日本が閲覧できるのは7月下旬の交渉参加後になる。「テキストは1千頁を超え、その精査が国益を左右する」(外務省筋)。夏合宿ではテキスト ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。