投資顧問会社絡み贈収賄を金融庁と警視庁が連携調査

2013年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

1千億円もの年金が消滅したAIJ投資顧問事件。当時はAIJばかり槍玉に上がったが、同時並行である事件が摘発されていた。年金資産を運用するファンド商品を購入した「福岡県LPガス厚生年金基金」の理事長が、資産運用コンサルティング会社から現金を受け取り、2人が贈収賄容疑で逮捕された(厚生年金基金の理事長は、厚生年金法に基づく「見なし公務員」)。その後、AIJの監督官庁である金融庁は、年金基金の監督官庁である厚生労働省と連携して、年金基金とその運用を行う投資顧問会社の調査に乗り出す。調査の主眼は年金基金の運用と資産の保全状況だったが、贈収賄の病根とされる投資顧問会社の営業活動にも調査が及んだ。「大手金融機関の系列ではない中小の投資顧問会社は、年金資金の運用受託のために、えげつない営業をかけている」(大手投資顧問幹部)金融庁関係者は「福岡県LPガス厚生年金基金 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。