中国「最強官庁」副主任にハチの一刺し

元愛人の通報で経済誌副編集長がツイートし、エネルギー局長が失脚。それでも「反腐敗」は望み薄だ。

2013年7月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「国家発展改革委員会(発改委)の劉鉄男(リウテイエナン)副主任が重大な紀律違反の嫌疑で、関係組織の調査を受けている」5月12日午前、中国監察省のウェブサイトに短い公告がひっそりと掲載された。中国ではこの種の発表は、政治家や高級官吏の“破滅”を意味する。前夜午後11時、北京の官庁街にある発改委の幹部専用マンションを、共産党中央紀律検査委員会(中紀委)の係官が訪れ、劉とその妻を連行した。彼らはこれから長い年月を牢獄で過ごすことになるのだ。昨年11月、中国の新たな最高指導者に選出された習近平(シージンピン)総書記(国家主席)は、新政権の目玉政策として「反腐敗」を掲げた。今年1月の中紀委の重要会議では「トラとハエ(大物と小物)を同時に叩く」と強い意欲を表明。この反腐敗キャンペーンの最新かつ最大の“獲物”が劉である。発改委は中国のマクロ経済政策の司令塔で、基 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。