「アンジーの黒船」遺伝子検査が急増

米国では乳がん遺伝子検査が年12万件。日本の医療機関もようやく重い腰を上げ始めた。

2013年7月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

がんを防ぐため、乳房を切り取る。乳がんのリスクを高める遺伝子変異を持つ米女優アンジェリーナ・ジョリーの決断は、驚きと好意を持って受け止められた。遺伝子検査を受けたいとの問い合わせが日本でも急増。予防切除手術を導入する病院が相次いでいる。1980年代に解析技術が進んで以降、疾患の原因遺伝子が次々に発見された。発症予防策が見いだされたものもある。遺伝子疾患をタブー視する日本は、成果を十分に生かしてこなかったが、アンジーという黒船の登場で「ゲノム鎖国」の開国に向けた動きが出始めた。

遺伝性乳がん検査は20万円

アンジーには、腫瘍化を抑える「BRCA1」遺伝子の変異がある。欧米のデータでは、同様の働きを持つBRCA2も合わせて、変異がある人が乳がんを発症する確率は45~84%。一般の日本女性では約5%だから、最大で17倍近い数字だ。卵巣がんのリスクも上昇。男性の場合、前立腺がんや男性乳がんの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。