日中韓も「北極評議会」オブザーバー入り

「最後のフロンティア」開発へアジアが壁を突破。肝心のエネルギーは多国間協議より二国間中心だが。

2013年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

温暖化で北極の海氷が縮小して、豊富な地下資源の開発やシーレーンの可能性など「最後のフロンティア」として北極海が脚光を浴びているが、その多国間協議の場である北極評議会(AC)で、日本を含む6カ国がついに念願のオブザーバー入りを認められた。5月にスウェーデンで開かれた隔年の閣僚級会合に、北極海沿岸の加盟8カ国(カナダ、ロシア、米国と北欧5カ国)の高官が集まり、日本のほか中国、インド、韓国、シンガポール、イタリアのオブザーバー入りを承認したのである。いずれも北極海とは遠い国々だが、仏独英など欧州6カ国はすでにオブザーバーとして承認されている。今回のアジア諸国へのオブザーバー承認は2年前の閣僚級会合でも申請されたが、枠を広げすぎるのに難色を示す加盟国もあり、持ち越されてしまった。今回も反対論の最右翼に北極圏の二大国カナダとロシアがいたが、温室効果ガス、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。