「燃ゆる火の山」が世界遺産の吉凶

富士山の優美な姿は永遠ではない。いつ300年の眠りから覚め、噴火するかわからない。

2013年7月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「出で立てる、富士の高嶺は、燃ゆる火を、雪もち消ち、降る雪を、火もち消ちつつ……日の本の、大和の国の、駿河なる富士の高嶺は 見れど飽かぬかも」。噴煙を上げる富士山を詠んだ高橋虫麻呂の長歌が、万葉集に残っている。富士の高嶺は、古(いにしえ)より日本人の「こころのふるさと」だった。その富士山がいよいよ世界遺産に登録される。 富士山は、言うまでもなく「活火山」である。そこには顔がある。一つは、人々に恵みを与える静穏な山としての存在だ。豊かな森が肥沃な土壌を生み、作物が豊穣な実りを結ぶ。もう一つは、地下のマグマが荒れ狂い、噴火災害をもたらす燃える山としての存在だ。「火山」はかつて、その活動度に応じて3つに分類された。今も活動を続ける「活火山」、噴火していないが噴火の可能性がある「休火山」、もう噴火しないとみられた「死火山」である。今では、この分類 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。