馬毛島の「中国企業に身売り話」の真贋

2013年7月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

鉄砲伝来の地、鹿児島県種子島の西方12キロ、東シナ海に浮かぶ馬毛島。本誌も何度か取り上げたこのいわくつきの島は、防衛省にとって今でも喉に刺さった小骨のような存在だが、それがまた疼きはじめた。FCLP(空母艦載機離着陸訓練)の有力候補地であるこの島に、今度持ち上がったのは中国企業への身売り話。しかも、中国企業との橋渡しをしているとされるのが、かつて丸石自転車の架空増資事件で逮捕されたブローカーという“怪しい筋”なのだ。まったくの詐欺話なら、防衛省も無視すればいいだけだが、そうでないところに防衛省の悩ましさがある。ブローカーの名は紙屋道雄。本誌12年6月号の記事(「元祖『資本のハイエナ』松尾隆に捜査のメス」)では、11年に経営破綻したジャスダック上場(当時)の不動産会社、セイクレストの水増し増資事件を報じている。その記事で紙屋は「天成ホールディングス顧 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。