「二兎追う日銀」に株・円乱調

物価上昇と金利安定の矛盾ゆえに、市場のコントロールは綱渡り。成長戦略も拍子抜け、失速懸念が強まった。

2013年7月号 BUSINESS [アベノミクス「憂色」]

  • はてなブックマークに追加

「円安・株高という結果がすべてを物語っている」。それが口癖だった安倍晋三首相が、このところ「市場のことにはコメントできない」と繰り返すようになった。ほかでもない。長期金利が日銀の制御を失い、頼みの日本株が本格的な調整局面に入ったからだ。市場が乱気流を抜け出すことができないと、アベノミクスが失速しかねない。6月7日、安倍政権は土俵際に追い詰められた。日経平均株価が1万3千円をも割り込み、底割れしそうになったからだ。週明け10日には600円余り大幅反発し、愁眉を開いたものの、値動きは極めて不安定だ。7月21日に投開票が予定される参院選に向け、市場動向が政治を左右する「マーケット政局」の様相が強まってきた。

GPIFで「PKO」再来

6月第1週の株安をもたらしたのは、5日に政府が発表した成長戦略が拍子抜けだったからだ。混合診療、労働規制の緩和、農地の大規模化——産業競争力会議のメンバ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。