「都議会のドン」復活に猪瀬は茨の道

23日都議選で自民が圧勝すれば、怖い男が返り咲く。五輪招致で浮かれていられない。

2013年7月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「The Cash in the Bank!」この男の英語とオーバーアクションに、ある関係者は思わず失笑した。「力が入り過ぎるくらい入っていた。本人の焦りがそうさせたんでしょう」5月30日、ロシアのサンクトペテルブルクで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)理事会のプレゼン。東京、イスタンブール、マドリードの三つの候補都市が招致をPRし、担当者が壇上から呼び掛けた。東京のプレゼンターは猪瀬直樹東京都知事である。猪瀬はトップバッターとして登壇。機材トラブルで出発が遅れ、開会レセプションも泣く泣く欠席した。幸先の悪いスタートに一部では「失言したイスラムの呪い」などと物騒な噂も流れていた。猪瀬にとっては、汚名返上をかけて臨む起死回生のプレゼンだったに違いない。冒頭の英文は「インフラの財力はある! そのために銀行に金がある!」の一節。そのほか、「財布を落としても、中身が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。