エイベックス株が急騰 警察幹部と癒着の影

2013年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

芸能プロダクションなどを傘下に置くエイベックス・グループ・ホールディングス(東証1部)の株価が5月10日、9・57%も急上昇し、一気に3000円の大台に乗った。前日に13年3月期決算を発表、音楽配信やCDの販売減を、スマートフォン向け動画配信やライブでカバーして増収増益と業績が好調で、しかも発行済み株式数の2・51%に相当する自己株式の消却を発表したためと説明されているが、それにしてもこのハネ上がりぶりは異常と見えた。同社は3月4日、「ニコニコ動画」などを運営するドワンゴ(東証1部)株を角川グループと日本テレビにそれぞれ4%を売却し、20・04%を保有する筆頭株主から12・05%の第3位株主に順位を下げたばかり。これでドワンゴ株が急騰し、手放したエイベックスの内情をめぐって憶測が乱れ飛んでいた。その一つは創業者の松浦勝人社長が別居中の妻の件で経営に専念できず、傘下の芸 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。