風が止まった「橋下維新」が墜落

「都議選には行かない!」。告示日に代表と幹事長が揃って訪米。首都決戦から敵前逃亡。

2013年6月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「頼れるのは声なき声、 『ふわっとした民意』だ。ものすごい応援になるが一瞬にして離れていく」(維新塾入塾式で)日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は08年に大阪府知事に当選して政界入りして以来「ふわっとした民意」を再三口にし、それを自らの政治的言動の正当性の根拠としてきた。稀代のポピュリスト・橋下徹の政治家としての5年余りの時間は、その「民意」をつなぎとめてみせるという意地と勝負の日々だったともいえる。だがここへきて「改憲」しか弾丸(タマ)がなくなった橋下はついに「民意」に見放されたようだ。そして「民意」を失った橋下維新は一気に歯車が狂いだした。橋下のいう「民意」は選挙では「風」となって表れる。「今は完全にアゲンスト。大阪以外、どこに行っても負けます」とは、松井一郎幹事長(大阪府知事)の弁だ。大阪府議あがりの選挙のプロ・松井がここまで弱 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。