恥さらし猪瀬失言の「音痴」度

2013年6月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

「五輪招致、ますますいき盛んんです」。猪瀬直樹・東京都知事のチョンボ失言に続く、5月1日のツイッターがまた悲惨だった。動転して漢字変換ミスと誤記に加え「誰が敵か味方か、よくわかったのは収穫でした」と強がった。おいおい、トルコを貶した発言もお粗末だけど、今ごろニューヨーク・タイムズの「反日」に気づくこと自体恥ずかしい。ニコラス・クリストフ、大西哲光ら歴代東京支局長のトンデモ記事を読んでいないのか。今回もコーディネーターは東京支局の悪名高い“飛ばし”記者。最初からひっかけ狙いだったのではないか。誘導尋問に釣られ、トルコに利ありとほのめかされて、罠にはまったのは愚劣というほかない。しかも元ジャーナリストが聞いてあきれる教養の薄っぺらさ。文化論になると、ハンチントンの『文明の衝突』とロラン・バルトの『表徴の帝国』の孫引きである。インタビュアーもせせ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。