「全員続投」東電社外取締役の腹の虫

2013年6月号 BUSINESS [全員辞任]

  • はてなブックマークに追加

東京電力の下河邉和彦会長は4月26日、社外取締役全員を引き連れ官邸を訪れ、安倍晋三首相と面談した。首相は下河邉会長らの労をねぎらい「東電が直面している課題や福島の復興再生のために、国も一歩前に出たい」と表明したという。しかし、前向きな発言とは裏腹に、会談はわずか12分あまり。そもそも「会談は東電側の強い要望」(政府関係者)で開かれた。首相にとって7月の参院選こそが最重要課題。「総理が東電問題に深入りするのは禁物との判断だった」(経産省関係者)東電は、政府の原子力損害賠償支援機構による資金支援を受けているが、その経営は綱渡り。機構の支援枠は5兆円あるものの、東電の賠償金支払いを一時的に肩代わりするだけ。そこには10兆円を超えるとされる廃炉や除染費用は含まれていない。昨年11月には、下河邉会長と社外取全員が「総合特別事業計画の前提条件が崩れてきた」と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。