猪瀬暴言「火に油」で東京五輪絶望

“ドメ派”特別秘書ともども舌禍のドツボにはまった。はや「死に体」の知事哀れ。

2013年6月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

やはりこの男は権力の亡者にすぎず、Governorたる者、いかに振る舞うべきか、の自覚を欠いていたようだ。アメリカでこの“事件”は始まった。4月27日付のニューヨーク・タイムズが報じた猪瀬直樹東京都知事のインタビュー。そこには、2020年五輪招致をめぐって、目を覆いたくなるような猪瀬の「舌禍」記事が載っていた。「イスラム教国が共有するのはアラー(神)だけで、互いにケンカしており、階級がある」「日本の平均寿命は女性が85歳、男性は80歳で日本社会にいかにストレスが少ないかを示している。トルコの人々も長生きしたいなら、我々が持つような文化を作るべきだ。若者が多くても若いうちに死んだら、あまり意味がない」いくらお国自慢とはいえ、他の立候補都市を貶したり批判してはいけないIOCルールを踏み外し、立候補都市の首長としてはあり得ない発言だった。

アポは本人、職員同行なし

インタビューは4月半ばの猪 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。