「うめきた」に群がる悪い奴ら

容積率を緩和するために大学やベンチャー企業を誘致したオリックスや三菱地所の悪知恵。

2013年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

1985年7月26日、国鉄再建監理委員会は旧国鉄の分割・民営化を柱とする再建策の最終答申を中曽根康弘首相(当時)に提出した。この中の「最小限必要となる事業用地以外は原則として売却対象とする」という一節を根拠に現在のJR大阪駅北隣の貨物駅用地再開発プロジェクトが動き出した。24ヘクタールの用地は「関西に残された最後の一等地」と位置づけられ、通称「梅田北ヤード」として関西経済界の期待を一身に集めた。2011年には公募で「うめきた」という新しい名称が決まった。

大林組と竹中工務店が「野合」

うめきたはエリアが二つに分かれている。先行開発区域(7ヘクタール)と、今年3月末で廃止になった貨物駅の2期地区(17ヘクタール)だ。4月26日には先行開発区域に商業施設やホテルなどが集まる複合施設「グランフロント大阪」が開業した。グランフロントは商業施設のほか、オフィスやホテル、マンションが入る4棟の高層ビ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。