暴騰SBI「仕手株」化と誤算

大株主が消え、仕手集団に弄ばれて乱高下。北尾は強気で増資の機をうかがう。

2013年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

まさに暴騰である。まだデフレ脱出の実態のないままに、株価だけ先行して急騰している「アベノミクス」を象徴するかのように、東証1部のSBIホールディングス(以下、SBI)の株価も暴騰している。今年に入り700~800円台前半を行ったり来たりしていたSBIの株価。それが4月半ばからにわかに“大商い”銘柄となった。4月17日には、終値で1287円をつけたかと思うと、24日には終値で1809円にハネ上がった。この日の日中の最高値は2000円の大台乗せ目前の1990円であった。その値動きもまた特徴的だ。とにかく荒っぽい。例えば同25日の株価。1852円で取引が始まったが、するすると1877円まで伸びたかと思うと一転して急落、1665円までストンと下げた。結局、この日は1717円で取引を終えたが、株価はまるでジェットコースターのように乱高下した。

オービスが「撤退」 

突然、火がついたSBIの株価に、株式市場では「仕手筋が入った」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。