ドコモがMVNOに「最後通牒」

通信の競争政策「最後の砦」。草分けの日本通信に1.7倍接続料約款をごり押し。

2013年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

NTTドコモのMVNO(仮想移動体通信事業者)いじめが加速している。本誌12年11月号と13年1月号で警鐘を鳴らしたが、MVNOの“草分け”日本通信に対し、接続料値上げで息の根を止めようとしている。電電公社時代の独占体質が残るドコモは、07年にも接続料で日本通信と対立、総務大臣裁定で決着した経緯があるが、その因縁の戦いが再び燃え上がっている。昨年10月、吉良裕臣総合通信基盤局長の私的研究会として「モバイル接続料算定に係る研究会」が発足した。非公開のこの研究会自体、裏でドコモが暗躍していたことは周知の事実。12月に公開された研究会の報告書骨子案は、当然のように日本通信完敗の内容だった。骨子案に明記された考え方による算定式を用いると、07年の大臣裁定で合意した接続料(以下「合意接続料」)が1.7倍に跳ね上がる。10Mbps(メガビット毎秒)あたり月額約1500万円でスタートした合 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。