矛盾だらけの首都圏鉄道「二重運賃」

2013年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

JR東日本の冨田哲郎社長が、来年4月の消費税率8%への引き上げに伴い、現行の10円刻みの首都圏鉄道運賃をカード型IC乗車券「Suica(スイカ)」に限って1円刻みにする計画を表明した。1円単位で引き落とせるスイカの機能を生かせば、増税分をきめ細かく転嫁でき、さらなる消費税率引き上げにも対応しやすくなるという。首都圏の私鉄各社などの「PASMO(パスモ)」も歩調を合わせる方向だ。切符の運賃は従来通り10円刻みとなり、ICカードと切符の運賃が異なる「二重運賃」が生じる。冨田社長は「(利用者に)どう納得してもらうか」と述べているが、本当に心配なのは数円の運賃改定が薮蛇になって、矛盾だらけの首都圏の運賃制度を見直せ、という声が出ることだろう。券売機に1円玉が使えないため、鉄道運賃は過去の消費増税時には10円未満を切り上げたり切り下げたりして10円単位にして、トータルで消費 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。