ボストン・テロで警察庁最強「チヨダ」起動

2013年6月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

ゴールデンウイークを間近に控えた4月の週末。東京・元麻布にあるモスク「アラブ・イスラーム学院」に礼拝に訪れたさまざまな国籍のイスラム教徒たちは、付近に駐車していた車から幾度もシャッターを切られたことに気づかなかったろう。4月15日、米国のボストンマラソンのゴール付近で発生した爆弾テロ。犯人のチェチェン系アメリカ人兄弟は、米国在住ながら過激なイスラム原理主義に傾倒していった「ホームグローン(国産)テロリスト」だった。事件発生から3日後、FBIは二人の写真を公開したが、時を同じくして東京・霞が関の警察庁警備局が動きだした。「イスラム関係施設などに対する視察を徹底されたい」。警備局警備企画課(通称チヨダ)から密かに全国の公安捜査官に向けてミッションが下されたのだ。「隠密行動のため、名簿から抹消されている警備企画課第二情報分析担当の理事官から、モスクな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。