東証、大証両社長が半年でクビになった理由

2013年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

少子高齢化が日本の企業社会にもたらした災禍は、さしたる能力も無い年寄りが権力にしがみ付く「老害」である。日本取引所グループ(JPX)が来月実施する役員人事はその典型だ。JPXは、東証、大証を子会社として傘下に置く。その最高経営責任者(CEO)斉藤惇は73歳。慶大卒業後、野村証券に入り、非主流の国際畑を歩み副社長で退任した。産業再生機構社長に起用されて名を上げ、07年に東証社長就任。大証との統合に伴い、13年1月からはJPXのトップに君臨する。バブル崩壊後、企業社会では主流派がパージされて人材枯渇の時代に入り、凡庸な斉藤は実に幸運なサラリーマン人生を歩んできた。兜町では、「人望がないから、統合を花道に勇退」と予想されていたが、4月末の取締役会で本人は厚かましくも居座りを決めた。それどころか、斉藤は東証・岩熊博之、大証・藤倉基晴の両社長を就任わずか半年でクビに ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。