「三宅島地震」は南海トラフの前兆

「歪み蓄積」地点の三宅島で群発地震。噴火は起こらなかったが、関係者は緊張した。

2013年6月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

伊豆諸島の三宅島で4月17日、震度5強の地震があった。この日、三宅島の西海底を震源に朝から震度3、震度1の有感地震が頻発し、夕方に震度5強の大きな地震が発生。その後も身体に感じる地震が続いた。三宅島は火山島だ。過去にも噴火を繰り返し、2000年には、全住民が島外避難する大規模な噴火が起こった。噴火は通常、群発地震から始まる。地下のマグマの上昇によって山体が膨れ、GPS観測で異常が捕捉できる。マグマで熱せられて井戸水がお湯になって湧き出すこともあり、切迫すると鳴動や微動が発生する。地震と違って噴火には様々の予兆を伴うのだ。三宅島は前回の噴火から10年以上がたっており、関係者は地震発生に緊張したが、火山活動には特段の変化がなかった。伊豆諸島は火山島である。富士火山帯が伊豆諸島を北上し、伊豆半島を経て富士山に繋がっている。大昔、日本のはるか沖合の太平洋上には ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。