「坂解任」で全特生き残り

日本郵政社長を更迭し、菅官房長官がこれ見よがしの力の誇示。「裏金疑惑」に揺れる全国郵便局長会はどうなるか?

2013年6月号 BUSINESS [菅に寝返った柘植]

  • はてなブックマークに追加

日本郵政・坂篤郎社長の退任が決まった。形の上では6月の株主総会を待っての交代だが、実態は唯一の株主である政府による解任である。昨年12月、政権交代のドサクサ紛れに斎藤次郎前社長と旧大蔵省の先輩・後輩間で露骨な禅譲を強行してから、わずか半年。坂氏は生き残りのため、自民党の参院選比例代表公認候補に全国郵便局長会(全特)の柘植芳文前会長を差し出し、会社組織をあげてなりふり構わずゴマをすってきたが、安倍官邸は一蹴した。票は遠慮なく召し上げて、会社の支配権は政治が握る強い意思を突きつけたのだ。貯金・保険合わせて300兆円規模の巨大金融セクターは、民営化後もなお生々しい政争の舞台であり続けている。本誌前月号が特報した「全特裏金疑惑」は、その一裏面にすぎない。疑惑の発覚も後押しして情勢は急進展しているが、本誌には想定の範囲内。今月号は政争の経過を振り返りつ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。