グリー、モバゲー時代に「パズドラ」が終止符

「パズドラ」の大ヒットでソーシャルゲーム業界に地殻変動。ゲーム会社がグリー、モバゲーから離脱しだした。

2013年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「ついにグリー、モバゲーの化けの皮がはがれてしまった」。あるソーシャルゲーム開発会社(SAP)の開発者が嘆息する。きっかけは「パズドラ(パズル・アンド・ドラゴンズ)」の大ヒットだ。4月にソフトバンクが子会社化したガンホーが提供するパズドラは、月間売上100億円超を叩きだすスマートフォン向けゲーム。ソーシャルゲーム業界に衝撃が走ったのは、パズドラがiPhoneやアンドロイド端末などの上で稼働する「ネイティブアプリ」と呼ばれるもので、グリーやモバゲー(DeNAが運営)といったプラットフォーム向けに作られたゲームではなかったからだ。これまでグリーやDeNAなどのプラットフォームは、3千万人近い会員を抱えている数の力を背景に「ゲームを制作しても認知されなければ利用者数は伸びない」とSAPを自陣営に引き込んできた。だが、パズドラの大ヒットはプラットフォームの集客力に頼ら ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。